きょうからFOMC:「長期」の低金利確認か-米景気回復も認識へ

米連邦準備制度理事会(FRB) は27日から始まる連邦公開市場委員会(FOMC)で、政策金利を「長 期にわたり」ゼロ付近に維持すると繰り返し表明し金融政策の変更を 示唆することを控える一方で、米景気回復が強まっているとの認識を 示す可能性がある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。