2月の米住宅価格指数、4月の消費者信頼感指数はともに上昇か-調査

全米20都市を対象にした2月 のスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)/ケース・シラー住 宅価格指数は約3年ぶりに上昇に転じ、4月の消費者信頼感指数で は悲観的な見方が一段と後退している様子が示されるもようだ。雇 用状況の好転が寄与しているとエコノミストらは指摘している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。