ふくおかFG社長:中核資本率、国際行並み4%へ-増資せず

純資産で地銀第2位のふくおかフィ ナンシャルグループの谷正明会長兼社長は、コアTier1(狭義の中 核自己資本)比率を今後3年で現在の約2倍にあたる4%台に引き上げ たい意向を示した。地銀ながら国際規制の動きを重視する。利益の積み 上げなど内部留保を優先し、公募増資は行わない方針を強調した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。