ギリシャ救済もユーロ1.25ドル割れ排除せず-スタンダード・バンク

スタンダード・バンクは、ギリ シャへの欧州連合(EU)主導の救済パッケージに基づく金融支援が 早期に実行されたとしても、ユーロはドルに対し1ユーロ=1.25ド ルに下落する、もしくはこれを割り込む可能性があると指摘した。

スタンダード・バンクの主要10通貨戦略責任者、スティーブ・バ ロー氏はリポートで、「ギリシャ救済はユーロに一定の安定期間をも たらすだろうが、ユーロ上昇を誘発するとは見込んでいない」と記述。 「むしろ、1ユーロ=1.25ドルへと下落する公算が高く、これを割 り込む可能性も否定できない。今回のギリシャ救済は当面、恐らくは 何カ月にわたり情勢を安定化させるものの、こうした不安が年末まで に再発する可能性は排除できない」と続けた。

外国為替市場ではロンドン時間午後零時21分現在、ユーロはド ルに対して前営業日比0.4%安の1ユーロ=1.3324ドル。年初からは ほぼ7%下落。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE