グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市 場の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は4営業日ぶりに反発。米新築住宅販売の大幅増 加を手掛かりに世界的な景気回復への期待が高まり、指標のハンセ ン指数は2週間半で最大の上げとなった。

携帯電話端末の受託生産で世界最大手の富士康(2038 HK)は

2.8%高。同社は売上高の25%を米国で得る。米商務省が発表した 3月の新築一戸建て住宅販売は前月比で27%急増し1963年4月 以来で最大の伸びを示した。米ウォルマート・ストアーズなどに商 品を納める香港のリー・アンド・ファン(494 HK)は2%上げた。

沖合石油探査で中国最大手の中国海洋石油(Cnooc、883 HK)は原油高を背景に3%高。中国最大の石油会社、ペトロチャイ ナ(中国石油、857 HK)は1.8%高となった。

恒基兆業地産(ヘンダーソン・ランド・ディべロプメント、12 HK)は4.3%高となり、不動産株の上げを主導。ハンルン・プロパ ティーズ(恒隆地産、101 HK)も4%上昇。業種別のハンセン不 動産指数は2%上げた。

ハンセン指数は前週末比342.57ポイント(1.6%)高の

21587.06と、7日以来で最大の上昇。ハンセン中国企業株(H株) 指数は前週末比1.8%高の12380.71。

IGインベストメントで運用に携わるティム・レオン氏は「経 済指標は懐疑派の見方に大きく先行している」とし、「米国からい い数字が出てきている。景気回復という点で、当社は慎重ながら楽 観している」と述べた。

このほか、時価総額でアジア最大の海運会社、中国遠洋運輸集 団(Coscoホールディングス、1919 HK)は2%上昇。コンテ ナ船運航で中国2位の中海集裝箱運輸(2866 HK)は2.2%上げ、 香港の同業、東方海外国際(オリエント・オーバーシーズ、316 HK) は1.5%高で引けた。

【中国株式市況】

中国株式市場で、上海総合指数は下落。中国政府が不動産市場 の抑制を強化したほか、貴州茅臺酒(600519 CH)の2010年1 -3月(第1四半期)決算が市場予想を下回る4%の増益にとどま ったことが響き、不動産開発株と酒造株が売られた。

中国最大の上場不動産開発会社、万科企業(000002 CH)は 約1年ぶりの水準に下落。同2位の保利房地産集団(600048 CH) は0.4%安。政府当局が不動産融資引き締めを図ったことが響いた。 貴州茅臺酒は4.8%値下がり。申銀万国証券は同社の投資判断を引 き下げた。

ケーブルテレビ(CATV)運営会社の北京歌華有線電視網絡 (600037 CH)はCATV株の上昇をけん引。中信証券(Cit ic証券)は投資資金が不動産資産から小規模の消費関連企業に流 入するとの見方を示し、材料視された。江鈴汽車(000550 CH) は7.1%高。10年1-6月(上期)は70-120%増益の公算があ るとの発表が好感された。

大衆保険のファンドマネジャー、呉侃氏(上海在勤)は「中国 政府はさらなる不動産価格の抑制策を用意しているため、投資家は バリュエーション(株価評価)が割安でも不動産関連株を避けるべ きだ」と指摘。「中国では投資先が限られている。不動産市場が落 ち込めば、投資資金は株式に流れ込み、相場を押し上げるだろう」 と語った。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連 動する上海総合指数は前週末比14.03ポイント(0.5%)安の

2969.5。2月9日以来の安値に下げた。上海、深セン両証取のA 株に連動するCSI300指数は同0.6%安の3172。

【インド株式市況】

インド株式相場は5営業日続伸。1-3月期利益がアナリスト 予想を上回ったことをきっかけに、インドで産銅最大手のスターラ イト・インダストリーズが買われた。気象当局が、モンスーン期の 降雨量が例年並みとの予想を示したことも材料視された。

スターライトは11週間ぶり大幅高。金属相場の上昇が寄与し、 同社の1-3月期利益は前年同期から2倍余り増えた。トラクター メーカーのマヒンドラ・アンド・マヒンドラは2週間ぶり高値。気 象当局の23日予測によると、6-9月のモンスーン期の降雨量は 過去50年平均の98%となる。

ジオジット・BNPパリバ・ファイナンシャル・サービシズ(コ チ)の調査責任者、アレックス・マシューズ氏は、「例年並みのモ ンスーンは経済にとっては大きなプラスで、政府のインフレ抑制を 支援する。また、大半の企業決算も予想と一致したものだった」と 語った。

ボンベイ証券取引所のセンセックス指数は前週末比51.08ポ イント(0.3%)高の17745.28で終了。5日続伸は昨年9月以来 の最長。スターライト(STLT IN)の終値は6%高の842.60ル ピー、マヒンドラ(MM IN)は1.6%上げ529.35ルピーで引けた。

【オーストラリア株式市況】

26日のオーストラリア株式市場はアンザックデーの祝日で休 場。取引は27日に再開される。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前週末比15.17ポイント(0.9%)高の

1752.20。

【台湾株式市況】

加権指数は前週末比153.25ポイント(1.9%)高の8158.14。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前週末比14.13ポイント(0.5%)高の3002.62。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサマレーシアKLCI指数は前週末比3.29ポイ ント(0.3%)高の1340.07。

【タイ株式市況】

SET指数は前週末比9.76ポイント(1.3%)高の764.34。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前週末比19.98ポイント(0.7%)高 の2944.71。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前週末比48.14ポイント(1.5%)高 の3292.59。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE