香港証券当局、タイガー・アジアの資産凍結新たに求める-最大1億円

香港証券先物委員会(SFC) は、タイガー・アジア・マネジメントの保有資産のうち最大860万 香港ドル(約1億円)の凍結を新たに求めている。SFCは同社の 証券・デリバティブ(金融派生商品)取引を全面禁止する方向で取 り組んでいるが、こうした措置を1社に対して試みるのは初めて。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。