花王:今期6期ぶり増益予想、純利益23%増-1円増配

日用品国内最大手の花王は、今期 (2011年3月期)連結純利益が前期比で23%増加すると予想した。6 期ぶりに利益が増加する。ケミカル事業を中心に収益が持ち直し、食用 油などの「エコナ」関連製品の損失もなくなり利益を押し上げる。

花王が東証で26日開示した決算短信によると、今期純利益予想は 500億円(前期実績は405億円)、売上高予想は0.9%増の1兆1950億 円。油脂や機能材料、ハードディスク用研磨剤も含むケミカル事業は、 環境意識の高まりを背景として植物由来の新素材を開発、4.9%増収を 見込む。ファブリック&ホームケア事業も洗剤などで商品開発を進めて

1.1%増収を狙う。配当は年58円と1円増配する予定。

東証で記者会見した尾﨑元規社長は、今後の収益展望について「構 造改革や新興国を含むグローバル経済のシフトへの対応がある程度軌道 に乗れば成長軌道に乗れる」と述べた上で、「成長軌道に今年から乗れ るのか来年から乗れるのかについてはまだ不透明な点がある」と語った。

前期は安全性についての問題から「エコナ」の特定保健用食品許可 の失効届を提出、特別損失が発生して純利益は37%減少した。花王の株 価終値は前営業日比49円(2.2%)高の2333円。6日に今年最高値の 2432円まで上昇したが、その後は伸び悩んでいる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE