元中国人民銀の樊綱氏:中国政府は住宅バブル崩壊のリスクを減らした

中国人民銀行(中央銀行)貨幣政策 委員会の元委員、樊綱氏は、中国政府の政策は住宅市場でバブルが発生 してはじけるリスクを中期的に減らしたとの認識を示した。26日に香港 でのフォーラムで述べた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。