仏ロクシタン、香港IPOで募集開始-調達資金は新規出店に充てる

【記者:Wing-Gar Cheng】

4月26日(ブルームバーグ):フランスの化粧品メーカー、ロ クシタン・インターナショナルは、香港で最大54億9000万香港 ドル(約670億円)規模の新規株式公開(IPO)を予定している。 ロクシタン・インターナショナルは調達した資金の大半を新規出店 に充てる計画だ。26日から募集を開始。IPOの条件決定は30日、 取引開始は5月7日をそれぞれ予定している。

同社のマネジングディレクター、アンドレ・ホフマン氏が25 日、記者団に語ったところによると、IPOの対象となるのは全株 式の25%に相当する3億6412万株。うち半分はロクシタン・イン ターナショナルによる新規発行で、残りの半分は親会社のロクシタ ン・グループが保有する株式を売却するという。仮条件は1株当た り12.88-15.08香港ドル。

中国の政府系ファンド(SWF)、中国投資(CIC)は、今 回のIPOで、5000万ドル相当の株式取得で合意している。同株 式について売買を禁じるロックアップ期間は6カ月間となっている。

ロクシタンは、中国やインドを中心としたアジア地域での消費 や景気の伸びが、昨年は売り上げが落ち込んだ世界の化粧品やパー ソナルケア製品市場に成長をもたらすと見込み、同地域での事業拡 大に向けた資金調達を進めている。同社の戦略責任者、オリビエ・ セカレリ氏がビデオ会議で明らかにしたところによると、同社は向 こう5年間に全世界で650店の新規出店を計画している。

UOBケイ・ヒアンの法人セールスディレクター、スティーブ ン・レオン氏は電話取材で、「同社製品への消費意欲は中国を中心 に強いとの見通しから、ロクシタンへの投資家の関心は高い」と述 べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE