香港スワイヤー不動産部門、最大2500億円規模のIPO実施へ-関係者

香港東部の商業不動産最大手のス ワイヤー・プロパティーズは、最大208億香港ドル(約2500億円)規 模の新規株式公開(IPO)を計画している。計画に詳しい関係者2 人が明らかにした。

情報が社外秘であることを理由に関係者が匿名を条件に語ったと ころでは、香港の複合大手スワイヤー・パシフィック傘下にある同社 は、13.79%の株式発行により、189億-208億香港ドルを調達する計 画だという。関係者2人は25日、オランダの年金基金運用会社、AP Gグループが2億米ドル(約188億円)相当のスワイヤー・プロパテ ィーズ株を取得する方針だと述べた。

スワイヤー・パシフィックが25日、香港証券取引所に提出した届 け出によれば、スワイヤー・プロパティーズは1株当たり20.75-

22.90香港ドルの公開価格を見込んでいる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE