中国:不動産価格抑制策で5.5兆円が株式に流入も-中信証券

中国当局による不動産市場の過熱 抑制策で約4000億元(約5兆5200億円)の資金が不動産から株式市 場に流れる可能性がある。中国の中信証券(Citic証券)がこう した見方を示した。

于軍氏(北京在勤)率いる同社アナリストはリポートで、資金は 小型の消費関連株や、開発が遅れている地域への政府支出の増加によ る恩恵を受ける銘柄へと向かう公算が大きいと指摘した。

同氏は「政府が不動産について最近導入した措置はまだ序の口だ」 とした上で、不動産市場の「抑制策は多額の資金の株式市場への流入 を引き起こすだろう」との見方を示した。

当局が住宅バブル抑制策を強化したのを受けて、不動産関連株の 年初来の下落率は19%と、全業種中パフォーマンスは最下位。中国政 府は不動産価格の上昇に歯止めをかけようとして、それまでにも措置 を講じてきたが奏功せず、3月の不動産価格は前年同月比11.7%上昇 と、過去最大の伸びだった。

--Zhang Shidong, Chua Kong Ho in Shanghai. Editors: Allen Wan, Reinie Booysen

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 重松 典子 Noriko Shigematsu +81-3-3201-3986 nshigematsu@bloomberg.net Editor: Kanta Watanabe 東京 角田正美 Masami Kakuta +81-3-3201-3157 mkakuta@bloomberg.net 記事に関する記者への問い合わせ先: Zhang Shidong in Shanghai at +86-21-6014-7014 or szhang5@bloomberg.net; Chua Kong Ho in Shanghai at +86-21-6104-7011 or kchua6@Bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Reinie Booysen at +65-6212-1154 or rbooysen@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE