アジア株:3営業日ぶり反発、景気回復期待で-トヨタが高い

26日午前のアジア株式相場は3営 業日ぶりに反発。日本の自動車株や電機株主導で上昇している。世界 景気が回復するなか、企業業績が拡大するとの観測が広がっている。

トヨタ自動車が高い。24日付の日本経済新聞が、2期連続の赤字 を予想していたトヨタの前期(2010年3月期)の連結営業損益が黒字 に転換したもようだと報じたのが手掛かり。国外の売上高が79%を占 めるキヤノンも上昇。米新築住宅販売件数が予想を上回る増加となり、 景気回復期待が高まってドル高となったのが好感された。米州の売上高 が全体の約20%を占める韓国のサムスン電子は0.8%高。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午前9時40分現在、前週末 比0.9%高の126.42。値上がり銘柄数は値下がり銘柄数の10倍余り となっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE