鳩山首相:沖縄県民大会は「民意の一つの表れ」、負担軽減に努力

鳩山由紀夫首相は26日午前、公 邸前で記者団に対し、米海兵隊普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の 沖縄県内への移設に反対する県民大会が行われたのは「民意の一つ の表れ」として、在日米軍基地が集中する同県の負担軽減に向けた 努力を今後も続けていく考えを示した。

共同通信によると、普天間飛行場の県外、国外への移設を日米 両政府に求める県民大会が25日、同県読谷村で開かれ、主催者発表 で約9万人が参加した。仲井真弘多知事は県外移設の実現と基地負 担軽減を要求。現行移設先のキャンプ・シュワブ沿岸部を抱える同 県名護市の稲嶺進市長も受け入れを拒否する姿勢を示したという。

首相は県民大会について「民意の一つの表れだと理解している。 沖縄の皆さんのさらなる負担軽減、そして普天間の危険の除去、こ れをなんとしても実現したい。その思いでこれからも努力を続ける」 と語った。

--取材協力:坂巻幸子Editor: Hitoshi Sugimoto

参考画面:記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 広川高史   Takashi Hirokawa +81-3-3201-8641 thirokawa@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 東京 Bill Austin +81-3-3201-8952 billaustin@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE