鳩山首相:沖縄県民大会は「民意の一つの表れ」、負担軽減に努力

鳩山由紀夫首相は26日午前、公 邸前で記者団に対し、米海兵隊普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の 沖縄県内への移設に反対する県民大会が行われたのは「民意の一つ の表れ」として、在日米軍基地が集中する同県の負担軽減に向けた 努力を今後も続けていく考えを示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。