中国は為替相場の柔軟性向上を-人民銀貨幣政策委員会の周委員

中国人民銀行(中央銀行)貨幣 政策委員会の周其仁委員は、中国は通貨介入を減らすために為替相 場の柔軟性を高めるとともに、市場の役割拡大を図るべきだとの見 解を示した。

周委員は25日、北京で開かれた経済フォーラムで、過去数年間 にわたり中国の金融政策が引き締めと緩和の間を揺れ動いた「根本 的な原因」は、人民銀の介入を伴う為替レートメカニズムにあると 指摘し、まだその原因は解決されていないと語った。

北京大学教授でもある周委員は、通貨安定を義務付けられてい る人民銀は元売り・外貨買い介入を行い、流動性を拡大してきたと 指摘。その上で人民銀は、インフレ加速回避に向け流動性を吸収す るために引き締めを余儀なくされたとして、為替介入と、流動性を 管理しインフレを抑制するという同中銀の責務は相反すると述べた。

また、中国当局は昨年、景気てこ入れを目指して過去最高の融 資を容認したことで、今年はその後の対応を迫られると指摘。政府 による不動産への最近の対応策に言及し、「非常に強力な措置がと られなければ、大量の資金が市場に流入する」と語り、「一カ所に ふたをしても、別の所から出てくる」との警戒感を示した。

--Yanping Li. Editors: Jim McDonald

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 藤田比呂子 Hiroko Fujita +81-3-3201-8662 hfujita2@bloomberg.net Editor:Akiko Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: Yanping Li in Beijing at +86-10-6649-7568 or yli16@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Mike Millard at +65-6212-1519 or mmillard2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE