ソニー生命:今年度は超長期債に積極投資、日本株積み増しも

金融持ち株会社ソニーフィナンシ ャルホールディングス傘下のソニー生命保険は、2010年度の運用方 針について、ALM(資産・負債の総合管理)の観点から超長期債を 積極的に投資する半面、リスク資産削減の継続で外貨建て債券の購入 には慎重姿勢を示した。また、総資産(一般勘定資産)の増加を見込 んでおり、それに合わせて国内株式を増やす意向という。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。