IMF専務理事:世界経済に依然下振れリスク-危機終わっていない

国際通貨基金(IMF)のストロス カーン専務理事は25日、世界経済は回復しているが、依然として下振れ リスクがあるとの認識を明らかにした。同氏はワシントンでのブルーム バーグとのインタビューで、状況は6カ月前に比べると良くなっている が、世界的な危機は終わっていないと指摘した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。