舛添氏:首相は総辞職・解散の覚悟を、普天間未決着なら-フジTV

新党改革の舛添要一代表は25日午 前、フジテレビの番組「新報道2001」に出演し、鳩山由紀夫首相は米 軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題を自ら定めた5月末まで に決着できなければ、内閣総辞職か衆院解散・総選挙で国民に信を問 うよう覚悟すべきだとの考えを示した。その上で、自ら首相の座を目 指す考えを明らかにした。舛添氏の発言は次の通り。

首相が普天間問題も職を賭す対象に「含まれる」と述べた点につい て:

「国家の根幹にかかわる外交・安全保障問題で、米国や沖縄県 民、日本国民の信頼感を失ったら『職を賭す』というのは、首相を辞 するということ。場合によっては解散、総選挙で信を問うぐらいの覚 悟で、ああいうことを言わなければ」

「本当に権力を持っているのは首相ではなく、小沢一郎民主党幹 事長で、われわれが戦うべき最大の敵。全力を挙げて戦う。放ってお いたら日本が悪くなる」

舛添氏は首相を目指すのか:

「当然目指して頑張る。だから必要な出陣基地である5人以上の 政党を、批判を甘んじて受け入れながら立ち上げた。多くの候補を擁 立して、清新な人とともに、新しい政治をやりたい」

「みんなの党」、「日本創新党」、「たちあがれ日本」、橋下徹大阪府 知事が代表を務める地域政党「大阪維新の会」、東国原英夫宮崎県知 事、自民党を離党した鳩山邦夫元総務相との連携の可能性:

「すべてと政策協議し、ご一緒することはあると思う。鳩山邦夫 氏とも、政策で一緒になろうということならやれる」

自民、民主両党の議員との連携の可能性:

「自民党でも河野太郎幹事長代理のような考えの人とは一緒にで きる。民主党にも政策が同じ人が多い。例えば安全保障政策は前原誠 司国土交通相とほとんど変わらない」

参院選で民主党が敗れ鳩山首相が退陣した場合、新党改革が民主党と 連立を組んで「舛添首相」を目指す可能性:

「現在の政治を悪くしているのは小沢氏的な院政なので、そうい うことは絶対にやらない。ただ、鳩山首相と小沢氏が議員辞職して政 界から去るのであれば、話は別だ」

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE