舛添氏:首相は総辞職・解散の覚悟を、普天間未決着なら-フジTV

新党改革の舛添要一代表は25日午 前、フジテレビの番組「新報道2001」に出演し、鳩山由紀夫首相は米 軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題を自ら定めた5月末まで に決着できなければ、内閣総辞職か衆院解散・総選挙で国民に信を問 うよう覚悟すべきだとの考えを示した。その上で、自ら首相の座を目 指す考えを明らかにした。舛添氏の発言は次の通り。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。