中国:貧困層の割合、今後5年で1990年の半分に-IMF・世銀報告

国際通貨基金(IMF)と世界銀 行の報告によると、中国では今後5年間で貧困層の割合が1990年の 水準から半減する見込みだ。同国は貧困層を減らす世界的な取り組み を主導している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。