中国株(終了):下落-上海総合指数が週間ベースで5カ月ぶり大幅安

23日の中国株式相場は下落。上 海総合指数は週間ベースで5カ月ぶりの大幅安となった。中国政府に よる不動産市場の過熱抑制策で個人消費が落ち込むとの懸念が高まる 中、小売りや自動車株が売られた。

中国最大の自動車メーカー、上海汽車集団(SAICモーター、 600104 CH)は3.1%安、一汽轎車(000800 CH)も3%下げた。 上海証券報がこの日、3軒目の住宅に対して中国当局が課税する可能 性があると報じたことが響いた。薄型テレビメーカーの青島海信電器 (600060 CH)は5.8%の値下がり。2010年1-3月(第1四半期) の利益が一部証券会社の予想を下回ったことが嫌気された。金価格の 下落に伴い中金黄金(600489 CH)は4.6%、山東黄金礦業(600547 CH)は3.4%いずれも下落した。

精熙投資管理のファンドマネジャー、王征氏(上海在勤)は「規 制強化に伴う不動産市場の悪化の影響は広範囲に及ぶ」と語った。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動す る上海総合指数は、前日比15.95ポイント(0.5%)安の2983.54。 週間ベースでは4.7%下げ、昨年11月27日終了週以降で最大の下落 率となった。上海、深セン両証取のA株に連動するCSI300指数は 前日比0.4%安の3190。CSI300指数先物は、最も取引が多い5 月限が同0.1%安の3235.6。

--Zhang Shidong. With assistance from Chua Kong Ho in Shanghai.Editor: Allen Wan

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 関根裕之 Hiroyuki Sekine +81-3-3201-7850 hsekine@bloomberg.net Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Zhang Shidong in Shanghai at +86-21-6104-7014 or szhang5@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Linus Chua at +65-6212-1530 or lchua@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE