ゴールドマン取締役がバークシャーの出資をガリオンに漏えい-WSJ

米ゴールドマン・サックス・グル ープ取締役のラジャット・グプタ氏は、ウォーレン・バフェット氏率 いる米保険・投資会社バークシャー・ハサウェイによるゴールドマン への50億ドル規模の出資について、公表前に一部の投資家に情報を漏 らしていたことがわかった、と米紙ウォールストリート・ジャーナル (WSJ、オンライン版)が23日伝えた。事情に詳しい関係者1人が 情報源としている。

同紙によれば、米検察当局は2008年の金融危機のさなかに行われ たバークシャーのゴールドマン出資について、グプタ氏が米ヘッジフ ァンドのガリオン・グループ創始者のラジ・ラジャラトナム被告に内 部情報を与えたと主張している。捜査当局者らはグプタ氏に書簡で、 同氏とラジャラトナム被告との電話の盗聴を通じてその情報を入手し ていたと通知したという。グプタ氏は先月、ゴールドマンの取締役を 退任することを明らかにした。

同紙によると、グプタ氏は正式にはいかなる罪も問われておらず、 ゴールドマンはコメントしていない。グプタ氏の弁護士は、同氏がい かなる法も犯していないと指摘したという。

ラジャラトナム被告はインサイダー取引で起訴されているが、同 被告は罪を否認している。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Chris Peterson at +44-20-7330-7547 or cpeterson@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE