国際協力銀の制度改正を閣議了承、米高速鉄道受注の環境整備-国交相

日本企業による世界の高速鉄道 網建設受注に向け、国際協力銀行が先進国向けの投資金融もできるよ うにする制度改正が閣議承認された。前原誠司国土交通相が23日、閣 議後の会見で明らかにした。これにより国交相による米国向けの高速 鉄道売り込みに向けた環境整備が一歩前進した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。