英スタンダードチャータード銀、新興市場で証券関連サービス強化

英スタンダードチャータード銀行 は、アジアや中東、アフリカ地域で法人向け証券関連サービスを強化 する方針だ。同行は利益の大半を新興市場で稼ぎ出す。

同行のオリジネーション・顧客担当グループ責任者に19日就任し たショーン・ウォレス氏(48)は22日のインタビューで、2万社の顧 客を対象に株式や高利回り債、転換社債に関連する金融商品やサービ スの販売を目指していると語った。同行はまた、企業金融などの分野 で引き続き買収を模索するという。

ウォレス氏によれば、今後5年間に大中華圏で非上場の顧客企業 約300社が資本市場を活用する可能性があり、同行にとっては証券関 連サービスを提供する好機となる。

ブルームバーグが集計したデータによれば、アジア太平洋地域の 株式発行に関する助言業務ランキンキングで、スタンダードチャータ ード銀は2009年に31位と前年の46位から順位を上げた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE