鳩山首相:「職を賭して」5月末までに普天間問題決着図る-国会答弁

鳩山由紀夫首相は23日午前の参院 本会議で、米海兵隊普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移転先問題に 職を賭して5月末までの決着を目指す方針を表明した。自民党の山本 一太氏への答弁。

首相は21日、自民党の谷垣禎一総裁との党首討論で、「すべての 政策の実現に職を賭して努力するのは言うまでもない」と答弁。山本 氏が発言の真意をただしたのに対し、「普天間の移設先の問題も当然含 まれている」と明言した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE