鳩山首相:「職を賭して」5月末までに普天間問題決着図る-国会答弁

鳩山由紀夫首相は23日午前の参院 本会議で、米海兵隊普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移転先問題に 職を賭して5月末までの決着を目指す方針を表明した。自民党の山本 一太氏への答弁。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。