ソブリン債CDSのディーラー、決済処理求め「大掛かりな」作業

クレジット・デフォルト・スワ ップ(CDS)のディーラーらは、政府のデフォルト(債務不履行) に備える信用スワップの決済処理が確実に行われるよう「大掛かりな」 作業を進めている。国際スワップデリバティブ協会(ISDA)のク レジット運営委員会で共同委員長を務めるアサナシオス・ディプラス 氏が語った。

ソブリン債のCDS取引をめぐっては、投機を増幅することで国 の信用力に関する見方をゆがめる可能性があるとの批判が高まるなか、 ドイツのメルケル首相やフランスのラガルド財務相など欧州首脳から の非難の的となっている。

ディプラス氏はサンフランシスコで開かれたISDAの年次会合 で、国債のCDSについて「大騒ぎが起きてきた」とした上で、市場 のディーラーは「ソブリン債のCDSが確実に決済される」ことを求 め、「大がかりな作業が進められている」と語った。同氏はドイツ銀 行(ニューヨーク)でグローバル信用取引のシステミックリスク管理 責任者を務めている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE