アジア株:続落、ヘルスケア・金融株主導で売られる-CSLが安い

23日午前のアジア株式相場は続落。 血液病治療最大手の米バクスター・インターナショナルが利益見通し を引き下げ、格付け会社フィッチ・レーティングスが政府債務増大で 日本の信用力が損なわれるとの見解を示したのを受けて、ヘルスケア 関連株や金融株主導で下げている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。