東南アジアの証取が連携へ、来年から国境越えた取引を開始-英紙FT

東南アジア諸国の証券取引所は来 年から、域内での国境を越えた株式取引を可能とする連携を始める。 これにより時価総額1兆ドル(約93兆円)超の共同取引所ができる。 英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)のオンライン版が伝えた。

マレーシア証券取引所のブルサ・マレーシアのユスリ・モハメド・ ユソフ最高経営責任者(CEO)の話として伝えたところによると、 まずクアラルンプールとバンコクの取引所が連携。来年半ばまでにシ ンガポールとフィリピンの取引所も参加する。

ベトナムのホーチミン証券取引所とインドネシア証券取引所もこ の計画を支持しており、インドネシア証取は2-3年以内に加わる見 込みという。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 望月 千晶 Chiaki Mochizuki +81-3-3201-7292 cmochizuki@bloomberg.net Editor: Kanta Watanabe 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Stanley James at +852-29776637 or sjames8@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE