古河電工株が反発、前期純利益85億円のもよう-軽金属分野業績改善

古河電気工業株が反発し、一時前日 比16円(3.4%)高の481円まで上昇した。日中上昇率は3月24日以来約 1カ月ぶりの大きさ。同社は22日、前期(2010年3月期)の連結純利益 が従来予想比2.1倍の85億円になったようだと発表、これを受けて買い が先行している。半導体・エレクトロニクス・自動車関連事業が好調 で、特に軽金属分野の業績が大きく改善。連結子会社古河スカイで繰延 税金資産の回収可能性の見直しもある。古河スカイ株も一時前日比6円 (2.6%)高の236円まで上昇した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。