日経平均が小幅続落、欧州不安で輸出一角や銀行安い-好業績株が支え

東京株式市場では日経平均株価が 小幅続落。欧州経済への不安が続き、対ユーロでの円高傾向が嫌気され た。収益への悪影響が懸念され、電機や精密機器など輸出関連株の一角 が下落。国内の財政不安も重しとなって銀行株が下げ、直近で上げの目 立った海運株にも売りが優勢だった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。