債券は続伸、先物が6週間ぶり高値圏-株安や現物債買いの観測が支え

債券相場は続伸(利回りは低下)。 日経平均株価がユーロ安・円高見通しを背景に続落したため、債券先 物は朝方の売り一巡後に買いが優勢になって一時は6週間ぶり高値を つけた。期初で現物市場には投資家の運用資金が流入しやすいことも 相場を支えた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。