日銀総裁:金融規制はマクロ経済への影響検証が必要

訪米中の白川方明日銀総裁は22 日夕(日本時間23日午前)、世界経済の回復は盤石ではないとの認識 を示すとともに、米国などが打ち出している金融規制改革案がマクロ 経済に与える影響を検証していくことが必要だと述べた。ワシントン で記者団に語った。

白川総裁は「金融危機の再発を防いでいくということで、さまざ まな取り組みをしている」とした上で、「これは、大事な取り組みだ」 との認識を示した。その一方で、「世界経済の回復というのが磐石とい うわけではない」と指摘。「さまざまな規制の提案が全体を合わせて見 て、マクロ経済にどういうふうな影響があるかということを十分に検 証しながら、進めていくことが大事だ」と語った。

金融規制改革は今回の国際会議での主要なテーマ。白川総裁は同 日夜の7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)のほか、23日開催の 20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議に出席する。

白川総裁はさらに、記者の質問に答える形で中国・人民元に言及。 一般的な考え方として「一つは、為替レートを貿易紛争の解決の手段 の一つとして使うということは適切でないということ。二つ目は、 各国の当局は自国の経済の安定を達成するという観点から政策運営を 考えていく必要がある」との考えをあらためて示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE