株式から超長期国債へ、生保がリスク縮小-三井住友海上・高野氏

三井住友海上火災保険投資部の高 野徳義グループ長は、保険会社の財務の健全性を測る基準が厳しくな ることに伴って、生命保険会社はリスク資産の株式から超長期国債へ 運用資金をシフトする流れが強まるとの見方を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。