米国、中国製シームレス鋼管の反ダンピング関税を仮決定-平均62%

米商務省は中国製シームレス 鋼管の輸入品について反ダンピング(不当廉売)関税を仮決定し た。関税は平均で62%になる。

商務省の22日の発表によると、反ダンピング関税の対象とな るシームレス鋼管の輸入は2009年に1億8200万ドル(約170億 円)相当だった。

仮決定によって、輸入業者は反ダンピング関税を預け入れる 必要が出てくる。調査は継続し、10月に最終決定が下される予定。

反ダンピング関税は大手7社の平均が62%となっており、他 の企業は98%となる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE