ホンダ:前期営業益9割増の3600億円前後に、新興国で好調-日経

ホンダの前期(2010年3月期)は、 本業のもうけを示す連結営業利益(米国会計基準)が前の期に比べ約9 割増の3600億円前後になったようだ、と23日付の日本経済新聞朝刊は 報じた。新興国での販売好調や円安が寄与したという。取材源は示して いない。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。