ブラジル株:ボベスパ指数は2営業日続伸-シエロやレデカード高い

22日のブラジル株式市場では、 指標のボベスパ指数が2営業日続伸。一時は1.8%安まで下落し たが、同国第2の貿易相手国である米国の株式相場が上昇に転じ た流れに追随した。

時価総額でブラジル首位のクレジットカード会社シエロや同 2位のレデカードは2.5%余り上昇。米オバマ大統領の金融規制 に関する演説で新たな政策提言が出されなかったことから、新た な規制導入への懸念が後退した。ブラジル中央電力は2%高。規 模で世界3位のダム建設に政府資金を得るとの観測が手掛かり。

ボベスパ指数は前営業日比0.1%高の69386.41で終了。年 初来では1.2%上昇している。同指数構成銘柄のうち値上がりは 34銘柄、値下がりは29銘柄。通貨レアルは0.7%安の1ドル=

1.7638レアル。米S&P500種株価指数は前日比0.2%高。一時 は1.3%安を付けた。21日のブラジル株式市場は祝日のため休場 だった。

レメ・インベスチメントスの運用担当者ジョアン・ペドロ・ ブルガー氏は「オバマ大統領が演説で金融業界の問題解決に向け て政府が積極的にかかわっていく姿勢を示した後、相場は上昇に 転じた」と説明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE