米アメックス1-3月期:利益倍増-消費者の支出回復で

(決算の詳細を追加します)

【記者:Peter Eichenbaum】

4月22日(ブルームバーグ):利用額で米最大のクレジットカー ド会社、アメリカン・エキスプレス(アメックス)の2010年1-3 月(第1四半期)決算は、利益が倍増した。消費者の支出増加が寄与 した。

22日の発表によると、継続事業ベースの利益は8億8500万ドル (1株当たり73セント)となり、前年同期の4億4300万ドル(同 32セント)から大幅に増えた。ブルームバーグがまとめた1株利益の アナリスト予想平均は63セントだった。

アメックスのケネス・チェノルト最高経営責任者(CEO)はリ セッション(景気後退)の間も黒字を維持したが、クレジットカード による支出急増は業界全体が持ち直しつつある可能性を新たに裏付け るものだ。先週の発表によると、米銀バンク・オブ・アメリカ(BO A)はカード部門で約2年ぶりに黒字となり、JPモルガン・チェー スもカード事業の損失が3億300万ドルと、自社予想の3分の1弱に とどまった。

アメックスの株価は通常取引で前日比78セント(1.7%)高の

46.77ドルとなり、終値ベースで1年ぶりの高値を付けた。決算発表 を受けた時間外取引では一時、47.53ドルとなった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE