IMFリプスキー氏:ギリシャのユーロ圏離脱、選択肢でない

国際通貨基金(IMF)のリプス キー筆頭副専務理事は、ギリシャが財政赤字を縮小できない場合の選 択肢としてドイツの議員が提示したユーロ圏離脱について、その可能 性はないとの認識を示した。

リプスキー氏は22日、ブルームバーグテレビジョンとのインタビ ューで、「討議の対象になっていない」と言明。「こうした条項はマー ストリヒト条約にはない」と述べた。マーストリヒト条約は欧州通貨 同盟に向けて各国が1992年に調印した条約。

メルケル独首相率いるキリスト教民主同盟(CDU)と連立を組 む自由民主党(FDP)の幹部、フランク・シェフラー議員は22日、 ギリシャが歳出削減措置を十分に実行できず、財政赤字の縮小が不可 能となる事態に備え、ギリシャはユーロ圏離脱の準備を整えるべきだ と述べた。さらに、ユーロ圏を離脱すれば、ギリシャは通貨を切り下 げて短期的に自国の競争力を改善することが可能だとの見方を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE