NY外為:ユーロ、約1年ぶり安値-ギリシャ懸念で

ニューヨーク外国為替市場ではユ ーロがドルに対してほぼ1年ぶりの安値に下落。欧州連合(EU)が ギリシャの2009年の財政赤字について、従来予想よりも大きいと指 摘したことから、同国が救済資金を受け入れる可能性が高まったと受 け止められた。

ギリシャ10年債利回りは上昇し、ドイツ10年債との利回り格 差はほぼ3倍となった。格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・ サービスがギリシャ国債の格付けを「A3」と、従来の「A2」から 引き下げたことがきっかけ。ドルはほとんどの主要通貨に対して上昇。 欧州の債務危機を背景にリスクの高い資産への需要が減退するとの 見方が広がった。

ブラウン・ブラザーズ・ハリマンのシニア通貨ストラテジスト、 ウィン・ティン氏(ニューヨーク在勤)は「唯一の驚きは、ムーディ ーズが一段と大幅な格下げをしなかったことだ」と指摘。「債務残高 や借り入れコストの観点からすれば、これはかなり不合理だ。ユーロ の上値は重く、戻してもすぐに売りが出ている」と述べた。

ニューヨーク時間午後4時8分現在、ユーロはドルに対して6日 続落し、前日比0.6%安の1ユーロ=1.3305ドル(前日は同1.3390 ドル)。一時は昨年5月7日以来の安値となる同1.3261 ドルを付け た。ユーロは円に対して0.2%安の1ユーロ=124円48銭(前日は 同124円77銭)。ドルは対円で0.4%高の1ドル=93円56銭(前 日は同93円19銭)。

南アフリカ・ランドはドルに対して0.8%安。メキシコ・ペソは

0.3%値下がり。低金利通貨で資金を調達し、高金利通貨で運用する キャリー取引の解消が進むとの観測が背景。米政策金利は0-

0.25%であることから、同取引の調達通貨として選好されている。

ギリシャのCDS

CMAデータビジョンによると、ギリシャ5年国債の保証コスト を示すクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)スプレッドは 91ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇し、過去最高の 577bpとなった。ギリシャ10年債の利回りは0.84ポイント上昇 の9%。

ユーロはドルに対して年初から7.1%下落。ギリシャの財政赤字 問題がほかの国にも波及するとの懸念が背景にある。EUは、ギリシ ャの2009年の財政赤字が対国内総生産(GDP)比で13.6%だっ たとし、昨年中に公表した予測から引き上げた。ギリシャの首脳は欧 州の当局者らと会談し、同国への救済案を協議。一方、ギリシャの市 民は政府の緊縮政策に反対し、抗議行動を繰り広げた。

ゴールドマン・サックス・グループの欧州担当チーフエコノミス ト、エリック・F・ニールセン氏はリポートで、ギリシャ政府は救済 パッケージの条件について交渉しているにもかかわらず、債務の返済 延期または減免を投資家に求める公算が大きいと指摘した。

ユーロ圏

国際通貨基金(IMF)のリプスキー筆頭副専務理事はブルーム バーグテレビジョンとのインタビューで、ギリシャが財政赤字を縮小 できない場合の選択肢としてドイツの議員が提示したユーロ圏離脱 について、その可能性はないとの認識を示した。

ハンデルスブラット紙によると、ドイツのフランク・シェフラー 議員は、ギリシャが歳出削減措置を十分に実行できず、財政赤字の縮 小が不可能となる事態に備え、ギリシャはユーロ圏離脱の準備を整え るべきだと述べた。

ドルは高い

ドルは対円で上げに転じた。米中古住宅販売件数は3月に増加し、 4カ月ぶりのプラスとなったことが背景。

全米不動産業者協会(NAR)が発表した3月の中古住宅販売件 数(季節調整済み、年換算、以下同じ)は前月比6.8%増の535万 戸。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト調査の予想中 央値は529万戸だった。前月は501万戸と、速報値(502万戸)か ら修正された。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE