白川日銀総裁ニューヨーク講演骨子:「自信の循環」が危機の要因

日本銀行の白川方明総裁のニュー ヨーク・エコノミック・クラブでの講演骨子は以下の通り。

1.喫緊の課題は世界の持続的成長軌道への復帰と危機再発防止措置 1.金融危機の一因は「自信の循環」 1.官民ともに行き過ぎた行動への抑制機能がうまく作動しなかった 1.金融政策や金融規制・監督について政策哲学を再考する必要 1.哲学再考で重要なのは、①中央銀行の政策目的。物価安定だけで はなく、安定的な金融環境を実現し、持続的な成長を達成。②金融環 境をめぐる安定性の効果的な測定。③適度な裁量性の保持

-- Editors: Shigeru Chiba

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 楽山 麻理子 Mariko Rakuyama +1-212-617-4903 mrakuyama@bloomberg.net Editor: Shigeru Chiba 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE