EUは人民元上昇を強く要請へ、G20会合で中国に圧力-文書草案

欧州連合(EU)の財務相らは、 23日にワシントンで開催される20カ国・地域(G20)財務相・中 央銀行総裁会議で、中国に対する圧力を強め、人民元の上昇容認と 内需拡大を求める見通しだ。EUが準備した非公開文書の草案で明 らかになった。

13日付の同草案では、「中国は国内消費拡大への障害を取り除 く必要がある」と指摘。「これは人民元の実質的な上昇を伴なうも のでなくてはならない」としている。同草案はG20会合に出席する EU当局者向けに、EU加盟国の財務省をはじめ、欧州中央銀行 (ECB)と欧州委員会の高官が作成した。

国際通貨基金(IMF)や米国、欧州は中国政府に対し景気の 過熱を抑制し、市場重視型の経済へと移行するため、人民元の上昇 容認を求めるとみられている。米議員らが2年近くにわたって圧力 をかけてきたにもかかわらず、中国は人民元を1ドル=6.83元前後 で事実上固定している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE