富士通の山本新社長:会社のガバナンスは機能-野副氏辞任問題で

情報システム構築の国内最大手、 富士通の山本正已新社長は22日、ブルームバーグ・ニュースなどとの 就任インタビューで、元社長の野副州旦氏は「社長として適切でない 人」だったとして、同氏を辞任させたのは、同社のガバナンス(企業 統治)が機能した結果だとの見解を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。