英銀大手の住宅ローン承認件数:3月は5万2000件-増加に転じる

英国の住宅金融市場で約70%のシ ェアを持つ大手金融機関6社による3月の住宅ローン承認件数は増加 に転じた。30年ぶりの寒冷気候や、不動産関連の税率引き上げに伴う 影響が薄れたことが背景にある。

イングランド銀行(英中央銀行)が22日公表したデータによれば、 3月の住宅ローン承認件数は5万2000件と、9カ月ぶり低水準となっ た2月の4万8000件から増加した。

同時に発表された3月の広義のマネーサプライ(通貨供給量)M 4は前年同月比3.5%増と、2月の3.9%増から伸びが鈍化した。前月 比では0.1%増となった。

イングランド銀は、サンタンデール銀行とバークレイズ、HSB Cホールディングス、ロイズ・バンキング・グループ、ネーションワ イド・ビルディング・ソサエティー、ロイヤル・バンク・オブ・スコ ットランド・グループ(RBS)の住宅金融事業をサンプルに統計を まとめた。これら6社の英住宅ローン市場シェアは2008年末時点で約 70%。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE