特捜部:あおぞら銀の松原元行員を逮捕、インサイダー容疑

東京地検特捜部は22日、あおぞら 銀行の松原健元行員(49)を金融商品取引法違反(インサイダー取引) の容疑で逮捕した。取引上知り得た情報を基にして東証マザーズ上場企 業の株式を買い付けたとしている。

東京地検が22日に開示した資料によると、あおぞら銀行で国内融 資案件審査に携わっていた松原容疑者は2006年12月上旬ごろ、あお ぞら銀行との融資契約履行に絡んでマザーズ上場企業が第三者割当増 資を決定したことを知った。その上で情報が公表される前に当該企業の 株式135株を約1100万円で取得した。

特捜部は証券取引等監視委員会と合同で捜査しており、 今後起訴 する予定。あおぞら銀行コーポレートコミュニケーション室の神保努副 室長は、元行員逮捕について「事実関係を確認次第、何らかのコメント をする」と述べた。松原容疑者は2月にあおぞら銀行を退職したとして いる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE