台湾の友達光電の1-3月期:純損益は73億台湾ドルの黒字

台湾2位の液晶表示装置(LCD) メーカー、台湾の友達光電(AUオプトロニクス)の2010年1-3月 (第1四半期)決算の純損益は黒字となった。パソコンとテレビの需要 増大が寄与した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。