中国交通銀:2-3月の住宅ローンが減少-当局の融資規制で

中国の上場銀行4位、交通銀行の 2月と3月の住宅ローンは減少した。中国政府は不動産投機の抑制に 動いており、同行は融資を制限した。

交通銀のエグゼクティブ・バイスプレジデント、ディッキー・イ ップ氏は21日上海でインタビューに応じ、「過去2カ月の融資は明ら かに減少した」と述べたが、具体的な数字は明らかにしなかった。

中国の銀行監督当局は、国内の大手行に対して、不動産融資のス トレステストを四半期ごとに実施し、リスクを厳格に管理するよう指 導している。また、中国人民銀行(中央銀行)が預金準備率を引き上 げ、市中銀行に融資拡大ペースの調整を求めたのを受けて、同国の3 月の新規融資額は5107億元(約6兆9500億円)と、市場予想を下回 った。

中国ではここ1週間で、3件目の住宅購入への融資規制のほか、 頭金や住宅ローン金利の引き上げが相次いで発表されている。

イップ氏は、交通銀は初めての住宅購入者を中心に融資を行って いるため、政府による引き締めの影響は限定的だと予想。その上で、 「政府が借り手の支払い能力に関する条件を引き上げれば、同行もよ り大きな圧力を感じ始めることだろう」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE