中国:不動産投資に致命的打撃、当局の抑制策で-社会科学院の易氏

中国政府のシンクタンク、中 国社会科学院の研究員、易憲容氏は中国紙チャイナ・デーリーに寄 稿し、急上昇する不動産価格の抑制に向けた中国当局の措置は、投 機的投資家に「致命的な一撃を与える」だろうとの見解を示した。

易氏は22日付の同紙で、一部の住宅購入に対するローンの 金利と頭金の最低比率を引き上げるといった政策により、投資リタ ーンへの期待が低下するだろうと指摘。

そうした措置は、効果的に運営されなければ、不動産部門が社 会不安をもたらす公算が大きいと認識している政策担当者らが新た なアプローチを打ち出しつつあることを示していると説明した。

--Kevin Hamlin. Editors: Paul Panckhurst,

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki@bloomberg.net Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Kevin Hamlin in Beijing on +86-10-6649-7573 or khamlin@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Chris Anstey at +65-6212-1130 or canstey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE