国際石油開発帝石:マセラ鉱区権益、追加売却も-洋上プラントも検討

国際石油開発帝石は、インドネシ ア沖合にあるマセラ鉱区の権益を追加売却する可能性がある。同社は、 液化天然ガス(LNG)の洋上プラント建設も検討している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。