独バイエルン州立銀、ゴールドマンと取引終了-助言業務など

(ハンデルスブラット紙の報道内容を追加します)

【記者:Aaron Kirchfeld、Frances Robinson】

4月21日(ブルームバーグ):ドイツ州立銀行2位のバイエル ン州立銀行は、米証券取引委員会(SEC)が米金融機関ゴールド マン・サックス・グループを提訴したのを受けて、同社との取引関 係をやめることを明らかにした。

バイエルン州立銀の広報担当マティアス・プリウィッツァー氏 は21日、独紙ハンデルスブラットの報道を確認した。しかし、そ れ以上の詳細については言及を避けた。

同紙によれば、ゴールドマンはバイエルン州立銀の資本構成や リスク資産の分離に関する助言を行っていた。また、ゲルト・ホイ スラー最高経営責任者(CEO)がゴールドマンに今週決定を伝え た際、政界からの圧力は受けていなかったという。情報源は明らか にしていない。

バイエルン州立銀としては、ゴールドマンの有罪が立証される まで無罪と考える立場だが、州立銀が厳しい公的監視下にあるため 行動を起こす必要があったと同紙は指摘している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE