アセットM:2年ぶり不動産ファンド、約600億円-海外撤退

不動産ファンドの運営を手掛けるア セット・マネジャーズ・ホールディングスは、今期(2011年2月)中に 600億円規模の不動産ファンドを組成する計画だ。不動産市況の回復を にらみ、投資家ニーズは高いと判断し約2年ぶりの組成に踏み切る。一 方、海外投資からは撤退して国内運用に集中する方針だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。