ロンドン外為:円、対ドルで上昇-米大統領演説を控えた警戒感で

ロンドン時間22日午前の外国為替 市場では、円が対ドルで上昇。オバマ米大統領がこの日の演説で新た な金融規制を呼び掛けるとの観測から、世界的な金融混乱からの逃避 先として円が買われている。

円は主要16通貨中11通貨に対し堅調に推移。オバマ大統領がこ の日ニューヨークで金融規制改革法案について演説するが、ギブズ大 統領報道官によると、法案成立の必要性を訴える見通し。

ロンドン時間午前8時36分(日本時間午後4時36分)現在、円 の対ドル相場は1ドル=93円3銭と、ニューヨーク時間前日の93円 19銭を上回っている。対ユーロでは1ユーロ=124円75銭と、前日か らほぼ変わらず。

一方、ユーロは対ドルで1ユーロ=1.3410ドル(前日は1.3390 ドル)に上昇。21日には1.3359ドルまで下げ、9日以来のユーロ安・ ドル高水準となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE