IMF:ロシアやCIS諸国などは「緩やかなペース」で回復へ

国際通貨基金(IMF)は21 日 発表した世界経済見通しで、ロシアや旧ソ連を構成していた一部諸国 の経済は今年、「緩やかなペース」で回復するとの見方を示した。貿 易が回復しエネルギー収入が増えるものの、金融業が脆弱(ぜいじゃ く)なことから、こうした影響を相殺することを理由に挙げた。

IMFは同見通しの中で、今年のロシア国内総生産(GDP)は 前年比4%増加するとの予想を示し、従来予測の3.6%増から引き上 げた。モンゴルとグルジア、それに旧ソ連を構成していた国々から成 る独立国家共同体(CIS)諸国については、4%のプラス成長を見 込んでいる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE